大規模な火災に見舞われたパリのノートルダム大聖堂は、数世紀にわたり信仰の中心であり市民の誇りでもあった歴史的建造物だ。何が失われ何が残ったのか、詳細はこれから解明され、再建への道のりが始まる。長い歴史を刻んできた貴重な収蔵品と美しい装飾を紹介する。

文=Kristin Romey/訳=ルーバー荒井ハンナ