ここに紹介する意外な景観を撮影したのは、カナダ、トロント在住のゲイリー・カミンズ氏。昼間は建築業界で働きながら、夜や週末にドローンを飛ばし、都市の人工的な美しさや自然の荒々しい風景を撮影している。「地上から数えられないほど撮影されてきた被写体も、新たな角度から見ると別のストーリーになります」

十分な撮影準備

 ドローンを使った空撮に対する規制は増えている。そのためカミンズ氏は、安全かつ合法的にドローンを飛ばすことにとても気を使う。「確実に守らなければならないのは安全です。そして、ドローン操縦者の評判を落とさないことです」。カミンズ氏は、Googleマップを使って撮影計画を立てる、地域の法律を確認する、つねに天候を把握するなど、前準備を怠らない。

 都市に息苦しさを感じると、カミンズ氏は世界に旅立つ。最近は、アイルランド、英国、フェロー諸島、アイスランド、香港、米国南西部などに足を伸ばした。

まず外へ出て、撮影してみよう!

 写真を志す人たちへアドバイスはないだろうか。「どこかで始めなければなりません。カメラを持ってやってみるのです。でも、失敗するでしょう。インターネットを学習ツールとして活用してください。何でもすぐに調べられる時代にいるのですから。遠慮することはありません。まず試してみましょう。外へ出て、実際に撮影してみることです!」

文=Sarah Polger/写真=Gary Cummins/訳=鈴木和博

関連のドローン写真ギャラリー
「ドローンで撮った世界の紅葉10点」
「ドローン空撮コンテスト、圧巻の入賞写真9点」
「足がすくむ! ドローン写真コンテストの受賞作」
「ドローン空撮の最高峰 コンテスト優秀作23点」

おすすめ写真集

ナショナル ジオグラフィック
空から見た美しき世界

上空から撮ったスケールの大きな写真を、すみずみまで味わえる写真集。世界の絶景・不思議・名所を上から覗いてみよう。