男性が女性の服を、女性が男装を――性の境界を気にせずに着たいものを身にまとう人が増えている。それを象徴するような展示が米国で始まった。クチュール界でも不明瞭になり始めた、メンズとレディースの境界線を見てみよう。

文=CATHY NEWMAN/写真=DINA LITOVSKY/訳=ルーバー荒井ハンナ

おすすめ関連書籍

世界の民族衣装

◆100年前の多様な民族衣装を知るための保存版写真集。◆資料としても貴重な212点の写真を収録。◆ページをめくって、100年前の世界一周を疑似体験。◆明治から大正期、日本を精力的に紹介したエライザ・シドモアが撮影した日本の学校風景も。

定価:本体2,600円+税