• 月の左端に見える白く光る点は、月食の間に隕石が衝突した瞬間。NASAのデータは、こうした隕石の衝突によって、月面から驚くほど大量の水が放出されることを示している。(PHOTOGRAPH BY CHRISTIAN FRÖSCHLIN)

  • 直径約12メートルの比較的新しいクレーターと黒っぽい噴出物。月探査衛星ルナー・リコネサンス・オービターが撮影。(PHOTOGRAPH BY NASA/GSFC/ARIZONA STATE UNIVERSITY)

  • ルナー・リコネサンス・オービターが撮影した、バルマー・クレーター内部にある非常に若い衝突クレーター。(PHOTOGRAPH BY NASA /GSFC/ ARIZONA STATE UNIVERSITY)

  • チャプルイギン・クレーターの縁にある、より新しい小型のクレーターをとらえたルナー・リコネサンス・オービターによる画像。衝突によって明るい色の物質が周囲に撒き散らされた様子がわかる。(PHOTOGRAPH BY NASA)

この写真の記事

 月の塵と大気を調査するために送り込まれたNASAの探査機LADEE(ラディ―)が、隕石が衝突する際に月面から放出される水を検出した。荒涼とした景色が広がる月はどうやら、科学者たちが想像したよりもはるかにたくさんの水をたたえているようだ。

文=SHANNON STIRONE/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

宇宙の真実

地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かす。

定価:1,540円(税込)