• 農園で働くアンヘリカ。「自分が人と違っていると感じたのは12歳のとき。ドレスを着て女の子と遊ぶのが好きだったのです」と言う。彼女は15歳で故郷の村を出て、リサラルダ県のコーヒー農園で働きはじめた。(PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • コーヒー農園での仕事を終えて寮に戻るジュリアナと同僚たち。 (PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • ジュリアナはサントゥアリオ村の近くのコーヒー農園で1日10時間働いている。(PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • 野外での仕事を終え、トラックに乗って寮に戻るオマイラとアンヘリカ。(PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • エンベラ・カティオ族のジュリアナは、東太平洋に面するチョコ県から来た。(PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • 土曜日の朝、近くのサントゥアリオ村に出かけるために着飾ったアンヘリカ。彼女たちは毎週土曜日に村に行き、その週の賃金の一部で買い物をする。そのほかに彼女たちが農園を出ることはめったにない。(PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • 夕方、着替えを終えてコーヒー農園の建物のバルコニーに座るエンベラ・カティオ族のフランシー。パートナーのダリオと一緒に農園で暮らしている。(PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • アンヘリカは幼い頃から男児の服を着ることに抵抗があった。ティーンエイジャーになると女性らしい衣服を身につけ、性自認のとおり女性として生きるようになった。 (PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • 夕方になり、仲間たちとくつろぐフランシー、アンヘリカ、マリアナ。 (PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)

  • 長い髪をとかすベルナルド。 (PHOTOGRAPH BY LENA MUCHA)