武装勢力による攻撃が絶えず、90年代以降はゾウの数が激減していたコンゴ民主共和国のビルンガ国立公園に、600頭のゾウたちが帰ってきた。

 資源を狙う武装勢力が公園を守るレンジャーを襲撃する動きは予断を許さないが、希望の光が見え始めている。

文=HALEY COHEN GILLILAND/写真=BRENT STIRTON/訳=鈴木和博