かつて大量の水が存在した証拠は数多く見つかっているが、短い期間だったと考えられてきた。それを覆す分析結果により、火星史は再考を迫られるかもしれない。

文=Maya Wei-Haas/訳=三枝小夜子