イタリアで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が爆発的に増加して以来、感染の震源地となっているロンバルディア州。写真家のガブリエル・ガリンベルティ氏とライターのジア・スカンカレーロ氏は、州都ミラノで遺体安置所や病院を訪れ、一日一日の様子を記録し続けた。「社会的距離」を保って撮影した隔離生活、写真12点。

文=GEA SCANCARELLO/写真=GABRIELE GALIMBERTI/訳=ルーバー荒井ハンナ