2070年、生活は様変わりし、気温も高くなる。それでも私たちは炭素の排出を抑え、自然と共存しながら繁栄する方法を見つけると、ノンフィクション作家が前向きな未来を描いた。

文=エマ・マリス(ノンフィクション作家)