• 熱帯に生息する玉虫色のシタバチの一種。マルハナバチやミツバチの仲間だ。ブラジルの調査塔で採取されたおびただしい数の昆虫の一つ。(PHOTOGRAPH BY BRIAN BROWN)

    *この記事の昆虫写真はすべて、米ロサンゼルス郡立自然史博物館の昆虫担当責任者ブライアン・ブラウンが撮影した。使用した顕微鏡カメラは、半導体チップの欠陥を検査するために開発されたものだ。

  • 3400種を超す既知のツノゼミの一種。(PHOTOGRAPH BY BRIAN BROWN)

  • ハリナシミツバチのなかには、腐食性の化学物質で侵入者を撃退して巣を守るものがいる。(PHOTOGRAPH BY BRIAN BROWN)

  • アステカ属の女王アリは一生に一度だけ羽を使って飛び立ち、交尾をし、新たなコロニーを築く。(PHOTOGRAPH BY BRIAN BROWN)

  • このゾウムシの黒と灰色の模様はある種のハエの擬態で、捕食者を欺くためのものと考えられる。(PHOTOGRAPH BY BRIAN BROWN)

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2021年4月号

寿命を縮める大気汚染/森林火災の煙/フロリダパンサー/アマゾン 樹上の昆虫たち/魂の歌姫 アレサ

世界で年間約700万人を早すぎる死に追いやるという大気汚染。打開策はあるのか、特集「寿命を縮める大気汚染」で詳しくリポートします。「魂の歌姫 アレサ」では“ソウルの女王”ことアレサ・フランクリンの軌跡をたどります。このほか、フロリダパンサーやアマゾンの昆虫たちなどの特集も掲載。

定価:1,210円(税込)