• クアンニン省で捕らえられ、ケージに入れられたネズミ。近くの市場、そして台所へと届けられる。

  • 毛を取り除かれたネズミが、干し草の上でくん製にされている。この後、ベトナムのコ・ズンで待つ客に売られていく。

  • 2018年11月、クアンニン省の農地を歩き回ってネズミを探す「ミスター・ティー」。

  • クアンニン省の農地に、ネズミ捕りの網が仕掛けられる。次に草を踏みつけてネズミを走り回らせ、網の中に追い込む。

  • この日捕まえたネズミを手にする「ミスター・ティー」。一般に、ベトナムの野生のネズミには寄生虫はほとんどいない。

  • ネズミを熱湯に入れて殺す商人たち。次いで、手かカミソリで毛を取り除く。

  • 露天市でネズミを売る人たち。ネズミはビールか米の蒸留酒と一緒に食べることが多い。

  • コ・ズンの街頭で、売り物のネズミを並べる店主。

  • 内臓を取って調理され、コ・ズンで売られるのを待つネズミ。

  • 夕食にネズミを食べるコ・ズンの一家。この日もたくさんのネズミが捕られ、食用にされた。

この写真の記事

ベトナムの農村部では、ネズミは一般的な食材で、広く食べられている。メコンデルタ地域では、年間最大3600トンもの生きたネズミが食用として捕らえられている。捕獲から、調理、食べるまで、写真10点。

文=CHRISTINE DELL'AMORE/訳=高野夏美

おすすめ関連書籍

2019年4月号

トーキョーを歩く/未来の都市の主役は?/難民の都市、現る/都会のネズミたち

丸ごと一冊「世界の都市」を大特集!世界最大の都市圏を2人の米国人が描く「トーキョーを歩く」ほか、これからの都市を占う「都市の未来の主役」、都市化するアフリカ最大の難民居住区「難民の都市、現る」など、世界各地の都市を総力取材。特製付録ポスター付き!世界のメガシティ/夜の地球に輝く都市の光

価格:本体1,083円+税