インドネシアのフローレス島で大量に見つかったネズミの骨の解析により、フローレス原人の絶滅時期に新たな説が提唱された。人類と共存していた可能性もあるという。

文=Paige Madison/訳=ルーバー荒井ハンナ