• キャロル・オーゼルは、地球上でもっとも珍しい病気の1つにかかっていた。進行性骨化性線維異形成症(FOP)というこの病気は、筋肉などの軟組織を骨に変えてしまう。(PHOTOGRAPH BY CONSTANCE MENSH FOR THE MUTTER MUSEUM OF THE COLLEGE OF PHYSICIANS OF PHILADELPHIA)

  • ハリー・イーストラック(左)とキャロル・オーゼル(右)の骨格は、米国フィラデルフィア外科医カレッジのムター博物館に展示されている。(PHOTOGRAPH BY AMY MARTIN FOR THE MUTTER MUSEUM OF THE COLLEGE OF PHYSICIANS OF PHILADELPHIA)

  • オーゼルの骨格のアップ。FOPの症状である、関節を固めてしまっているプレート状の骨が見てとれる。(PHOTOGRAPH BY CONSTANCE MENSH FOR THE MUTTER MUSEUM OF THE COLLEGE OF PHYSICIANS OF PHILADELPHIA)

  • オーゼルの場合は特に、FOPによって多くの関節が変性し、癒合してしまっていた。(PHOTOGRAPH BY CONSTANCE MENSH FOR THE MUTTER MUSEUM OF THE COLLEGE OF PHYSICIANS OF PHILADELPHIA)

この写真の記事

 現在フィラデルフィアの博物館に展示されているキャロル・オーゼルの「二重骨格」は、骨の病気についての知見をもたらしてくれている。

おすすめ関連書籍

2019年1月号

次世代の医療/永遠に生き続ける遺体/中国医学の底力/出産で命を落とす現実

1月号は、まるごと一冊『医療の未来』です。1人ひとりに最適な治療や予防法を選べる精密医療の可能性を探った特集「次世代の医療」をはじめ、「永遠に生き続ける遺体」「中国医学の底力」などをラインアップ。医療の最前線が見えてきます!

定価:本体1,028円+税