• スペインの洞窟の壁に、赤い縦線と横線からなるはしごのような絵が描かれているのが見つかった。6万4000年以上前のものと推定され、作者はネアンデルタール人と考えられる。(PHOTOGRAPH BY P. SAURA)

  • 赤いはしご部分のクローズアップ。(PHOTOGRAPH BY C.D STANDISH, A.W.G. PIKE AND D.L. HOFFMANN)

  • はしごの周囲には動物やその他のシンボルも描かれている。はしごの絵と同時代のものなのか、後世に描き足されたものなのかはまだわかっていない。(PHOTOGRAPH BY BREUIL ET AL)

  • スペインの別の洞窟に残された手のステンシル。少なくとも6万6000年前のものとされ、ネアンデルタール人の作品である可能性が高い。(PHOTOGRAPH BY H. COLLADO)

この写真の記事

 スペインで見つかった洞窟壁画の年代が特定され、ネアンデルタール人が描いたものらしいことが判明した。芸術の才を持つことが明らかになったことで、現生人類との差異はさらに縮まった。

文=Michael Greshko/訳=三枝小夜子

おすすめ関連書籍

今の科学でここまでわかった 世界の謎99

古代文明から超常現象、宇宙、生命まで、ミステリーの全カタログ。好奇心をかき立てる『世界の謎』99個を集め、科学の眼で迫ります。

定価:1,540円(税込)