• 輪になって子ウシを守るジャコウウシのオス。(PHOTOGRAPH BY PETER MATHER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • アラスカの海岸の平原には、毎年18万頭強のポーキュパイン・カリブーが出産のためにやってくる。その移動距離は数千キロにもなる。彼らの繁殖地は石油・天然ガス開発計画によって脅かされている。(PHOTOGRAPH BY PETER MATHER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 空から見たANWR。(PHOTOGRAPH BY PETER MATHER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 草の間から顔を覗かせるホッキョクギツネ(Alopex lagopus)。白い冬毛から茶色い夏毛に変わるところ。(PHOTOGRAPH BY PETER MATHER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 米国最大の自然保護区の上空を舞うハクガン。(PHOTOGRAPH BY LOWELL GEORGIA, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 先住民が所有する土地に掘られた油井。(PHOTOGRAPH BY JAMES P. BLAIR, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 岸から泳ぎ去るコクガンの群れ。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • ANWRの海岸で、北極海の上空を飛ぶ渡り鳥と虹。(PHOTOGRAPH BY PETER MATHER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 米国アラスカ州にある北極圏国立野生生物保護区(ANWR)には多様な野生動物が息づいている。

訳=三枝小夜子