• アルバート・バレル
    死刑宣告を受けた場所:ルイジアナ州ユニオン郡
    服役13年
    すべて死刑囚監房
    2001年に無罪が確定

    バレルは現在66歳。一審では、2人を殺害したとして第一級謀殺で有罪となったが、控訴裁判所は、検察が陪審を誤った判断に導き、被告人に有利な証拠の提出を怠ったことを理由に、再審理を命じた。州当局は被告人を犯行と結びつける、信頼に足る証拠は一切ないと判断したため、バレルは釈放された。(PHOTOGRAPH BY MARTIN SCHOELLER)

    服役年数は、月単位を6カ月以下は切り捨て、7カ月以上は切り上げたもの。判決が出る前の拘留期間は含まれていない。

  • デリック・ジェイミソン
    死刑宣告を受けた場所:オハイオ州ハミルトン郡
    服役20年
    すべて死刑囚監房
    2005年に無罪が確定

    オハイオ州シンシナティのバーテンダーを狙った1984年の強盗・殺害事件で逮捕された。真犯人の一人が司法取引に応じ、減刑を条件に法廷で虚偽の証言を行ったため、ジェイミソンは有罪となった。死刑執行日が6回設定されたが、そのたびに延期され、最後の延期は執行の1時間半前に決まった。2000年に控訴裁判所が再審理を命令。2005年に有罪は覆され、完全無罪となった。(PHOTOGRAPH BY MARTIN SCHOELLER)

  • ロン・カイニー
    死刑宣告を受けた場所:ニューメキシコ州ベルナリロ郡
    服役2年
    すべて死刑囚監房
    1976年に無罪が確定

    写真中央の73歳のロン・カイニーは1974年に大学生を拉致し、レイプし、殺害した罪で誤って有罪とされ、死刑を宣告された4人の男の一人。ミシガン州の地方新聞が、検察が重要な証人であるモーテルの清掃員に証言を強要し、清掃員が後に供述を撤回したことをすっぱ抜いた。真犯人の男が犯行を自白し、犯行に使われた凶器がその男と関連づけられたため、カイニーは釈放された。(PHOTOGRAPH BY MARTIN SCHOELLER)

  • クワミ・アジャム
    死刑宣告を受けた場所:オハイオ州コヤホガ郡
    服役27年
    うち2年は死刑囚監房
    2014年に無罪が確定

    現在63歳。元の名前はロニー・ブリッジマンで、獄中で改名した。クリーブランドの小為替販売員を殺した罪で1975年に有罪となる。13歳の少年の証言がただ一つの根拠だったが、死刑を宣告された。1978年に終身刑に減刑され、2003年に仮釈放されたが、ぬれぎぬを着せられたままだった。2014年の裁判で、一審で有罪の決め手となった証言をした元少年が、当初の供述は虚偽だったと証言。これによりアジャムと彼の兄のウィリー・ブリッジマン、兄弟の友人であるリッキー・ジャクソンの3人の冤罪が晴れた。(PHOTOGRAPH BY MARTIN SCHOELLER)

  • ランドル・パジェット
    死刑宣告を受けた場所:アラバマ州マーシャル郡
    服役5年
    すべて死刑囚監房
    1997年に無罪が確定

    1990年8月にパジェットの妻キャシーが刃物で刺されて死亡。アラバマ州の警察はパジェットに第一級謀殺の罪を負わせた。夫妻は別居中で、養鶏業者のパジェットは別の女性と付き合っていた。1992年の一審で、検察は犯行現場で採取された血液がパジェットと一致しなかったことを、弁護側にすぐに知らせなかった。この事実を知った弁護団は審理無効を訴えたが、裁判官は認めず、バジェットは死刑を宣告された。3年後にアラバマ州の刑事控訴裁判所が検察の行為を理由に再審理を命じ、パジェットは無罪となり、釈放された。(PHOTOGRAPH BY MARTIN SCHOELLER)

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2021年3月号

魅惑の火星を探る/私は死刑囚だった/1本の線と国境紛争/消えるドッグレース

NASAの新しい探査車が火星への着陸に成功しました! 中国やUAEの探査機も相次ぎ火星へ到着し、これから火星の探査が加速しそうです。3月号の特集は「魅惑の火星を探る」。最新探査車の詳細なグラフィックほか火星の今がわかる30ページの大特集です。このほか「私は死刑囚だった」「消えるドッグレース」などの特集を掲載。特製付録は太陽系マップです!

特別定価:1,280円(税込)