• ミールワームの顔。「目」のようなものと口器がついている。ミールワームはゴミムシダマシ科の甲虫の幼虫で、飼育動物用の餌として利用されている。(HOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • 別方向にのびた触角、大きく開けた口など、拡大して見たハナアブは実に表情豊かだ。世界中に生息するハナアブは、花粉と花蜜を餌とする。ヴィーク=ニールセン氏によると、「スズメバチやミツバチに似た見た目に反して、彼らは人間には無害」だそうだ。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • ハナアブの複眼。ところどころに散らばっているのは花粉だ。「複眼はいくつもの個眼から出来ていて、その一つひとつにレンズがあります」と撮影者のヴィーク=ニールセン氏。そのたくさんのレンズのおかげで、ハナアブは方向を確かめ、動きを感知できる。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • アリの顔。「アリがつくるコロニーは『超個体』とも呼ばれます。彼らは集団でコロニーを支え、あたかも一つの個体のように振る舞うからです」とヴィーク=ニールセン氏。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • ヴィーク=ニールセン氏の自宅の庭でブロッコリーをかじっていたケムシ。およそ100倍に拡大。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • マルハナバチは「農業にとって重要な花粉媒介者です」とヴィーク=ニールセン氏は言う。写真は約40倍に拡大した姿。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • ヴィーク=ニールセン氏が自宅の庭でとってきたワラジムシ。拡大すると、SF映画に出てきそうな姿だ。「ワラジムシは岩や丸太の下、落ち葉の中、岩の裂け目などの湿気が多い場所にいます。彼らは腐りかけの植物や動物を食べ、腐敗サイクルにおいて重要な役割を果たしています」(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • ヒドロ虫の一種Echtopleura larynx。ヒドロ虫はサンゴ、イソギンチャク、クラゲと同じ刺胞動物。繊細そうに見えるが、気を付けなければいけないと、ヴィーク=ニールセン氏は言う。この生物はよく水中のロープや貝などに張り付いているが針のある触手で獲物をとらえて弱らせるのだ。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • 触手を使って外部の脅威から生殖器官を守るヒドロ虫。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

  • ヴィーク=ニールセン氏が自宅の庭で見つけたミツバチ。(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。眼には見えないきわめて小さな姿をカメラで覗いてみれば、姿も、色も、生態も、うっとりするほどの世界。28年間、海の神秘を撮る男の渾身の写真集です。

定価:本体2,700円+税