• 昔と今
    初期の写真は不鮮明で、火星人が建設した運河があるともいわれた。高度な文明はないことが判明したが、最近ではキュリオシティ(次ページ)などの探査車が微生物を探している。(PERCIVAL LOWELL, LOWELL OBSERVATORY ARCHIVES)

  • 昔と今
    初期の写真は不鮮明で、火星人が建設した運河があるともいわれた(前ページ)。高度な文明はないことが判明したが、最近ではキュリオシティ(上)などの探査車が微生物を探している。( NASA/JPL/MICHAEL RAVINE, MALIN SPACE SCIENCE SYSTEMS)

  • 最新のカメラを開発
    米航空宇宙局(NASA)のパーシビアランス探査車に搭載されるカメラ「マストカムZ」を手にする技術者。開発した米マリン・スペース・サイエンス・システムズ社は、最新の探査計画「マーズ2020」のために火星地表の極端な温度差を再現して性能試験を行った(次ページ)。(PHOTOGRAPHS BY CRAIG CUTLER)

  • 最新のカメラを開発
    米航空宇宙局(NASA)のパーシビアランス探査車に搭載されるカメラ「マストカムZ」を手にする技術者(前ページ)。開発した米マリン・スペース・サイエンス・システムズ社は、最新の探査計画「マーズ2020」のために火星地表の極端な温度差を再現して性能試験を行った(上)。(PHOTOGRAPHS BY CRAIG CUTLER)

  • 無菌室での調整
    米国カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所では、パーシビアランス探査車に搭載する23台のカメラを無菌室で調整した。火星で生命が存在する手がかりを見つけるためには、機器が地球の微生物で汚染されないよう細心の注意を払う必要があった。(PHOTOGRAPH BY SPENCER LOWELL)

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2021年3月号

魅惑の火星を探る/私は死刑囚だった/1本の線と国境紛争/消えるドッグレース

NASAの新しい探査車が火星への着陸に成功しました! 中国やUAEの探査機も相次ぎ火星へ到着し、これから火星の探査が加速しそうです。3月号の特集は「魅惑の火星を探る」。最新探査車の詳細なグラフィックほか火星の今がわかる30ページの大特集です。このほか「私は死刑囚だった」「消えるドッグレース」などの特集を掲載。特製付録は太陽系マップです!

特別定価:1,280円(税込)