• ナショナル ジオグラフィックが2016年に発表した最新の火星マップ。この数百年間、火星の理解の深まりとともに、火星マップも大きく進化した。

  • 火星マップを最初に制作したドイツの天文学者ヨハン・メドラーとヴィルヘルム・ベーアによる1840年の火星マップ。左の図の「d」と書かれた小さな黒い点は、「火星の目」とも呼ばれるソリス・ラクス(太陽湖)。(MAP BY JOHANN MÄDLER AND WILHELM BEER)

  • リチャード・プロクターの最初の火星マップは、W・R・ドーズによる1867年の火星スケッチに基づいている。プロクターは1870年に出版した『Other Worlds than Ours(地球以外の天体)』という著書の中で、この地図を発表した。(MAP BY RICHARD PROCTOR AND W.R. DAWES)

  • フランスの天文学者カミーユ・フラマリオンが1884年に出版した著書『Terres du Ciel(天の陸地)』で発表した火星マップ。(MAP BY CAMILLE FLAMMARION)

  • イタリアの天文学者ジョバンニ・スキャパレリが1883~1884年に作成した火星マップ。(MAP COURTESY ARCHIVIO STORICO DELL'OSSERVATORIO ASTRONOMICO DI BRERA)

  • パーシバル・ローウェルが1895年に出版した著書『火星』に載せた火星マップ。彼が名前をつけた184本の運河には番号がふってある。(MAP BY PERCIVAL LOWELL)

  • マリナー計画の立案のために米空軍が使用した1962年の火星マップ。(MAP COURTESY LIBRARY OF CONGRESS)

  • 1960年代後半~1970年代前半のマリナー計画によってもたらされたデータに基づく火星の陰影起伏マップ。(MAP BY USGS, JPL, NASA)

  • マリナー9号からのデータに基づいて作成された火星の最初の地質図。1978年に発表されたこの地図は、地球と月以外の天体の表面の地質図としては最初のものだ。(MAP BY USGS)

  • 1976年~1982年に火星を周回してデータを収集したバイキング探査機によるカラー化モザイク画像。画像の右下にヘラス・クレーターの明るい点が見える。(MAP BY USGS)

おすすめ関連書籍

2021年3月号

魅惑の火星を探る/私は死刑囚だった/1本の線と国境紛争/消えるドッグレース

NASAの新しい探査車が火星への着陸に成功しました! 中国やUAEの探査機も相次ぎ火星へ到着し、これから火星の探査が加速しそうです。3月号の特集は「魅惑の火星を探る」。最新探査車の詳細なグラフィックほか火星の今がわかる30ページの大特集です。このほか「私は死刑囚だった」「消えるドッグレース」などの特集を掲載。特製付録は太陽系マップです!

価格:本体1,164円+税

おすすめ関連書籍

宇宙を回す天使、月を飛び回る怪人

世界があこがれた空の地図

美しく奇抜な発想があふれる驚異の芸術。ベストセラー第3弾! 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体2,700円+税