大海原にすむタコ「アミダコ」が、透明の浮遊生物サルパの中に入って海中を漂う非常に珍しい光景が2018年2月、静岡県沼津沖で撮影された。筒状になったサルパの内壁に、小さなタコが自らの腕を張り付けて体を固定し、水を勢いよく吐き出しながら水中を進む様子が写っている。

「サルパの中にすむタコがいるという話を聞いてはいましたが、誰も見つけられませんでした。その日は黒潮が駿河湾に入り込んでいたようで、ふだんは見かけない外洋のプランクトンが多く見つかっていました。もしかしたらと思って沖へ出てみると、長年探してきたアミダコに出会えました」と、今回の動画と写真を撮影した水中写真家の峯水亮氏は語る。

※写真家、峯水亮氏のホームページはこちら
http://www.ryo-minemizu.com/