ラムサール条約の採択からちょうど50年。以来、世界の湿地は3割以上減ってしまったが、希望も見え始めている。フィリピンのアグサン湿地の例をレポートする。

文=SARAH GIBBENS/写真=GAB MEJIA/訳=ルーバー荒井ハンナ