空港建設に反対する人々が、守るべき土地「ZAD」を占拠してできたフランスの生活共同体。ザディストと呼ばれる住人たちの強い思い入れや変わった振る舞い、浮世離れした性質に加え、木々の間に建てられた不格好な掘立小屋は、ピーター・パンのネバーランドを思い起こさせる。写真家がバリケードの向こう側に暮らす人々と生活を共にした。

文=Sarah Stacke/写真=Kevin Faingnaert/訳=ルーバー荒井ハンナ