• ウラル・キダネ教会にて。手の込んだ装飾的な物語絵で飾られた内陣の前で祈る司祭。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

  • ティムケット祭の終盤、契約の箱のレプリカが教会内の至聖所に戻されるのを見守る群衆。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

  • ゼゲ近郊のべトレ・マリアム教会の森を歩く二人の女性。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

  • 十字架を手に緑豊かな森に立つロビト・バヒタ教会の司祭。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

  • ロビト・バヒタ教会を囲む森の大木のそばに立つ年若い司祭見習い。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

  • ロビト・バヒタ教会の司祭。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

  • 家畜が森に迷い込まないよう、多くの教会が低い壁を築いている。写真は大木が倒れて崩れた壁と、それによってできた隙間を通って教会へ向かう女性。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

  • 南ゴンドール県のビツァウィト・マリアム教会の近くに広がる畑に立つ若者。(PHOTOGRAPH BY KIERAN DODDS)

この写真の記事

 ほとんどが農牧地として開発され、残されたわずかな緑は、教会の周囲に残る森だけ。エチオピア北部の森林を再生するため、教会の司祭と科学者、地元コミュニティが手を組んだ。写真18点。

文=ALEJANDRA BORUNDA/写真=KIERAN DODDS/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

心に響く 樹々の物語

ナショナル ジオグラフィックの写真家が、2年をかけて五大陸をまわり、物語のある美しい樹木を集めました。

定価:本体2,750円+税