• 1809年出版『エジプト誌』第一巻の扉。(LLP COLLECTION/ALAMY)

  • 『エジプト誌』第二版の見事な口絵。エジプト遠征からはこのほかにも、数多くのすばらしい挿絵が生まれた。(BRIDGEMAN/AC)

  • 捕虜の数を数える書記官の様子を戦車から眺めるラムセス3世。『エジプト誌』に掲載されている、メディネト・ハブ葬祭殿の彩色レリーフの挿絵。(DANIEL ARNAUDET/RMN-GRAND PALAIS)

  • ハトホル神殿の前廊。この手の込んだ芸術作品を描写したドゥビリエ作の銅版画は、『エジプト誌』に掲載されている。(DEA/GETTY IMAGES)

この写真の記事

 エジプトに遠征したナポレオンは、戦いには敗れたものの、フランスの国家的大事業となる『エジプト誌』の刊行を指揮し、エジプト学の基礎を築いた。その誕生の物語を画像でたどる。

文=MIGUEL ÁNGEL MOLINERO/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

エジプトの女王 6人の支配者で知る新しい古代史

「神の権化であるエジプトの王」として国を支配していた6人の女性――メルネイト、ネフェルソベク、ハトシェプスト、ネフェルティティ、タウセレトそしてクレオパトラの生涯と、その歴史的背景を、美しい写真とイラスト、精密な歴史地図などによって詳しく解説。

定価:1,540円(税込)

おすすめ関連書籍

河江肖剰の最新ピラミッド入門

新進気鋭の考古学者・河江肖剰氏が紹介する「新しい古代エジプトの姿」。ピラミッドの基本から、ドローン計測など先端技術を駆使した研究の成果まで、写真と図でやさしく解説したピラミッド入門書です。ピラミッド内部の謎の空間にも言及しています。

定価:1,980円(税込)