西暦122年、ケルト人の侵入を防ぐため、古代ローマ帝国の皇帝ハドリアヌスはグレートブリテン島を横断する防御壁の建設を開始した。その石壁や要塞、大浴場やミトラ教の神殿跡が今も残されている。

文=JOE SILLS/訳=米井香織