• 北大西洋の海底で眠るタイタニック号の錆びついた船首部分。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 舷窓のついた船体の一部。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 船のデッキに置かれていたベンチの金属製のフレームがタイタニック号の残骸の中に埋もれている。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 前方に倒れたタイタニック号のマスト。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 船員室の右舷側の窓が開いている。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • タイタニック号の銅製のバルブ。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 金属の料理鍋とホワイト・スター・ライン社のマグカップ。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 穴からはタイタニック号のエンジン室が見える。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 1986年、ロバート・バラード氏と探検隊の一行がタイタニック号のデッキに残した記念プレート。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • 潜水艇の光が、タイタニック号のさび付いた船首を不気味に照らし出す。タイタニック号は、1912年4月14日に氷山に衝突して沈没。1985年、カナダのニューファンドランド島沖の深海底で発見された。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NAT GEO IMAGE COLLECTION)