歴史を感じたい観光客を喜ばせる一方で、オリジナルを軽視した修復には批判もある。ウズベキスタンのサマルカンドで議論が続いている。

文=PATRICK KENNY/訳=桜木敬子