• 紀元前700年頃に作られたルリスタンの精巧な馬具。神話上の獣を手なずける角の生えた人物が表現されている。(ARTOKOLORO/ALAMY)

  • 空からの調査
    考古学における航空写真活用のパイオニアだったシュミットは、ペルセポリス遺跡(写真)などで空撮を取り入れた発掘調査を初めて実施した。(BETTMANN/GETTY IMAGES)

  • イラン西部、歴史あるルリスタン地方のケルマンシャー平野には、特徴的な山谷が広がる。(GEORG GERSTER/AGE FOTOSTOCK)

  • 動物を支配する
    紀元前1000~前650年頃、ルリスタンで作られた銅製の透かし彫りのピン。こうした「マスター・オブ・アニマル」作品には、男性も女性も登場する。(AKG/ALBUM)

  • 美しき青銅器
    紀元前1000~前800年頃のビーカー。側面にはドラマチックな場面が施され、底面には小さな隆起がある。(LOS ANGELES COUNTY MUSEUM OF ART, AKG/ALBUM)

  • 金属製の馬の頬当てには、翼を持つ神話上の動物が頻繁に登場する。こちらは紀元前1000~前650年頃のもの。(LOS ANGELES COUNTY MUSEUM OF ART, AKG/ALBUM)

  • 紀元前1000〜前650年頃のスタンダード。3人の人間が、4頭のヤギとバランスをとっている。(LOS ANGELES COUNTY MUSEUM OF ART, AKG/ALBUM)

この写真の記事

 イランのザグロス山脈から出土した鉄器時代の青銅器は、1920年代に世界の注目を集めたが、誰が作ったものなのかは現在でも議論が続いている。

文=ANTONIO RATTI/訳=桜木敬子

おすすめ関連書籍

古代史マップ

世界を変えた帝国と文明の興亡

古代エジプト、共和制ローマ、漢などの世界を変えた強国から、カルタゴ、クレタ、オルメカなどの謎が残る文明まで、古代世界の勢力の変遷や時間の流れを視覚的に理解できる!

定価:1,540円(税込)