2010年からの10年間で、ナショジオの写真家たちが雑誌とウェブサイトのために撮影した写真は2161万3329枚を数える。そんな中から、この10年を代表する「ベスト」や「お気に入り」の写真を選ぼうなんて、ちょっと気が遠くなってしまう。

 それでも私(スーザン・ゴールドバーグ、英語版編集長)と編集部のメンバーは、15点の写真と動画を選び出した。米国を象徴する風景の中でバイソンを食べるクマ、絶滅が危ぶまれるセンザンコウの母子、移植を待つ死亡女性の顔、幼くして花嫁にされるイエメンの少女、そして、9歳のトランスジェンダーの少女はまっすぐな視線を私たちに投げかける。

文=SUSAN GOLDBERG(ナショナル ジオグラフィック英語版編集長)/訳=牧野建志