• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「研究室」に行ってみた。 記事一覧

  • マイクロプラスチック汚染 高田秀重

    21世紀に入り、生産量が激増しているプラスチック。便利さの一方で、大量のプラスチックが海に流出し続け、近年は5mm以下の「マイクロプラスチック」にも大きな注目が集まっている。そこで、マイクロプラスチック汚染について早くから研究…

    つづきを見る

  • 森林総合研究所 鳥類学 川上和人

    鳥の研究に魅せられて、無人島で過酷な調査を行い、鳥の進化の妙に思いをはせ、ベストセラーをものす。そんなマルチな活躍を続ける注目の鳥類学者、川上和人さんの研究室に行ってみた! (文=川端裕人、写真=内海裕之)

    つづきを見る

  • 気象庁 気象研究所 雲の科学 荒木健太郎

    心打たれる美しい光景を見せてくれる一方で、嵐や大雪などの災害をもたらす雲。そんな雲をまるごと愛し、素晴らしい写真を日々公開しつつ、防災への貢献を目指して雲の仕組みの解明に取り組む荒木健太郎さんの研究室に行ってみた!(文=川端裕…

    つづきを見る

  • アルバータ大学 恐竜と脊椎動物の起源 宮下哲人

    恐竜の研究を志して高校時代に単身カナダに留学。夢を叶えて、現在、世界的に活躍する若き日本人研究者がいる。ナショジオが選んだ「2016年ドラマチックな科学ニュースベスト6」の2つにも関わったその宮下哲人さんに、多岐にわたる研究活…

    つづきを見る

  • 東京大学 VR ヴァーチャルリアリティ 鳴海拓志

    ゲームやイベントのアトラクションなどですっかりおなじみになったVR。だが、視覚と聴覚だけでなく、五感のすべてを人工的に作りだすVRを駆使して、人の認知機能を解き明かしつつ、個人の感情や行動、価値観までをも変える研究に挑む鳴海拓…

    つづきを見る

  • 日本獣医生命科学大学 ツシマヤマネコ 日本の絶滅危惧種問題 羽山伸一

    空前のネコブームの陰でいま、日本の野生ネコ科動物が絶滅の危機に瀕している。その1種であるツシマヤマネコの保護と研究に取り組む羽山伸一先生に会いに、同じくツシマヤマネコの人工繁殖に挑む井の頭自然文化園へ行ってみた!(文=川端裕人…

    つづきを見る

  • 文京学院大学 嘘の心理学 村井潤一郎

    フェイクニュースだとか、オルタナティヴファクトだとか、嘘とマコトの境界があいまいになりがちなこの2017年。嘘についてあらためて考えるべく、嘘の心理学を専門とする村井潤一郎先生の研究室に行ってみた!(文=川端裕人、写真=内海裕…

    つづきを見る

  • 国立精神・神経医療研究センター 薬物依存症 松本俊彦

    覚せい剤をはじめ、違法な薬物の事件報道が時おり世間を騒がせる一方で、薬物依存症は治療が必要な病気でもある。それはギャンブル依存症などでも変わらない。では、依存症はどんな病気で、どんな人がなりやすく、どうやって治すのだろうか。日…

    つづきを見る

  • 東京大学 認知神経科学・実験心理学 四本裕子

    目で見ているものが「実際」とは違って見えてしまうことを指す「錯視」。この錯視を含め、見たり聞いたり考えたりしているときの脳の活動を測定して、「時間の知覚」「多感覚統合」「脳の性差」など、人間の内なる活動のメカニズムを探る四本裕…

    つづきを見る

  • 国立科学博物館 オランウータン 久世濃子

    東南アジアのボルネオ島とスマトラ島に暮らす“森の人”、オランウータン。群れを作らず、木の上で暮らすため、同じく大型の類人猿であるゴリラやチンパンジーなどと比べると多くの謎に包まれている。そんな野生のオランウータンを研究すべく、…

    つづきを見る

ほかの連載を見る

ナショジオクイズ

世界で3300~3500羽ほどいるタンチョウですが、その半数以上が生息する国はどこでしょう?

  • ロシア
  • 中国
  • 日本

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ