トピックス

トップ > トピックス > 東日本大震災 ―今、私たちにできること

東日本大震災 
― 今、私たちにできること
2011年3月18日

3月11日に発生した東日本大震災――。被災された地方の方々は、今も、物資が届かない、食料がない、医薬品がないなど、たいへんな状況での生活を余儀なくされています。

「何か役に立ちたい」。誰もがそう考えます。
ただ、現時点では、個人での物資の送付は、被災地に無事届いたとしても、現地で対策に追われている自治体の皆さんは小口の寄付に対応するのは難しいのが実状です。日本赤十字社でも、個人からの物資の寄贈は受け付けていません。

今、災害で困っている方々に必要なものを届けるには、実は義援金という形の募金に参加する方法があります。
日本赤十字社や自治体、赤い羽根共同募金(中央共同募金会)でも、今回の震災向けの口座を用意し、専用のホームページを設けて義援金の窓口となっています。集まった募金は、団体から被災地へと配布されていく仕組みです。

※金融機関によっては振替・振込手数料が無料となる場合もあります。詳しくは、各団体のホームページで確認ください。現在、正規の団体をかたった募金詐欺もあるようです。義援金は日本赤十字社のように募金の仕組みが既にあるものがいいでしょう。

義援金

●日本赤十字社
https://gienkin.jrc.or.jp/

●東北地方太平洋沖地震東京都義援金
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/joho/soshiki/shidou/
shidou/oshirase/touhokutaiheiyoujishingienkin/index.html


また、中央共同募金会は、被災者の支援活動にあたるボランティア団体やNPO向けの募金受け付けも開始しています。

地震災害におけるボランティア・NPO活動支援のための募金

●中央共同募金会(赤い羽根共同募金)
http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/61/
※「地震災害におけるボランティア・NPO活動支援のための募金」は財務相が認めた指定寄付金で、個人は寄付金控除の対象となります。

日経ナショナル ジオグラフィック社、米国のナショナル ジオグラフィック協会も、こうした公的機関を通じて、義援金を送ります。

今後必ずボランティアの力が必要になります。
阪神・淡路大震災ではボランティアが大きな役割を果しました。
しかし、現状では受け入れ態勢がまだ整わず、いたずらに現地に向かうことは、避難場所、トイレや食料など、あらゆるもので困窮している被災地ではかえって迷惑となることもあります。ボランティアを考えている方々は、正しい情報を得ることが大切です。

既に政府は3月13日付けで、災害ボランティア担当の総理大臣補佐官を任命し、16日には「震災ボランティア連携室」が設置されました。
今後「震災ボランティア連携室」が、被災地での活動を希望するボランティア団体との窓口となり、今後は現地の要望を各団体へと伝えていくことになります。

●助けあいジャパン(震災ボランティア連携室 連携プロジェクト)
http://tasukeaijapan.jp/

日経ナショナル ジオグラフィック社でも、ボランティアに関する新しい情報を、逐次、お知らせします。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー