脱線特急 最悪の乗り物で行く、159日間世界一周

脱線特急 最悪の乗り物で行く、159日間世界一周

中年の危機に直面した40男の
危険で、おかしな“やけくそひとり旅”

定価:本体 1,800円 + 税
発行日:2011/9/19
カール・ホフマン著/藤井留美訳/四六判/360ページ/
ソフトカバー/日本語翻訳版
ISBN:9784863131101
直販商品番号:G11450

購入はこちら

内容紹介

ある年の3月、トラベルライターのカールは、妻と3人の子どもたちを置いて、ワシントンDCのチャイナタウンから長距離バスに飛び乗った。20年間、良き夫であり良き父親だったが、とつぜん糸がプツンと切れた――。

「中年の危機」に直面した40男は、休暇で行く優雅な旅ではなく、地元の人が職や生活を求めてふだんやるように、とにかくいちばん危険で、混雑していていて、遅くて、安あがりな手段だけを使って、命がけで移動する旅を選択した。地元の人びととすし詰めになり、板の間で重なりあうようにして眠る旅が、彼にもたらしたものとは。

目次

  • プロローグ 祈りのとき
  • 第一部 南北アメリカ
     ① 行っちまえ!
     ② ブエナ・スエルテの希望
     ③ 僕の順番?
  • 第二部 アフリカ
     ④ 死と破壊の根源
     ⑤ その列車はとても良くない
  • 第三部 アジア
     ⑥ ほら行った行った!
     ⑦ 二九〇番目の犠牲
     ⑧ 泣くことしかできない
     ⑨ 何をする?
     ⑩ 恐怖のアリアナ航空
     ⑪ 望みを捨てずに待つ
     ⑫ 同じ同じ、でもちがう
  • 訳者あとがき

ためし読み (画像クリックで拡大)

『脱線特急』全ルート (画像クリックで拡大)

関連画像 (画像クリックで拡大)

著者について

著者:カール・ホフマン(Carl Hoffman)

旅行、冒険、テクノロジーのジャンルを専門とするライター、ジャーナリスト。<ナショナル ジオグラフィック トラベラー><ワイヤード><スミソニアン>など多数の雑誌に寄稿。著書に『幻の大戦機を探せ』(文藝春秋)がある。


訳者:藤井留美(Rumi Fujii)

翻訳家。上智大学外国語学部卒。主な訳書に『話を聞かない男、地図が読めない女』アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ(主婦の友社)、『シンプルに生きるための人生整理法』ポール・ウィルソン(河出書房新社)、『ビジュアル 類人猿』デズモンド・モリスほか(小社刊)。他多数。

INDEX

  • 内容紹介
  • ためし読み
  • 『脱線特急』全ルート
  • 関連画像
  • 著者について

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー