地球のいのち

トップ > スペシャル > 地球のいのち > ニック・ムハマド・マジド氏

“熱帯林の再生をめざして”

地球環境破壊において、最も深刻な問題の一つが「森林減少」です。なかでも、多くの酸素を発生させていることで“地球の肺”と呼ばれている熱帯林の減少は、人類全体が取り組むべき緊急の課題となっています。また、近年注目を集める“生物多様性”においても、熱帯林の重要性が説かれています。地球上には、現在分かっているだけで160万種、まだ知られていない生物を入れると500~1000万種に近い種類の生き物がいるといわれていますが、そのうちの半分近くの種類が熱帯林に棲むと考えられているからなのです。このように地球にとって貴重な熱帯林を再生するべく、1991年から、三菱商事の支援のもと、横浜国立大学との共同研究「熱帯林再生プロジェクト」で熱帯林の植林に取り組んできたニック博士に、熱帯林の現状と実験の成果などについて訊ねました。

世界で減少する熱帯林

森林の減少が世界的な問題となっています。森林が減少すると、どのような問題が起こるのでしょうか。

 森林の減少は、地球環境にとって、重大な影響を及ぼすさまざまな問題を引き起こします。
 例えば、地球温暖化の原因物質の1つである二酸化炭素。1エーカー(約0.4ヘクタール)の森は、毎年、約2.5トンの二酸化炭素を減らすと考えられています。 さらに、木は1本当たり毎日151.41リットルの水を空気中に放出しているので、森林は、葉から大量の水分を蒸散させることにより、大気温の低下を助けており、ひいては、地球の温暖化や気候変動の緩和にもつながっているのです。
 このように、地球環境にとって重要な役割を果たしている森林ですが、2007年の国連食糧農業機関(FAO)の報告によると、1990年から2000年にかけて、毎年、平均して886万8000ヘクタールも消滅しているとされています。

 そして、地球の森林の総面積41億ヘクタールのうち、およそ40%に当たる17億ヘクタールを占める熱帯林の破壊が今、非常に深刻な問題となっているのです。

森林の減少のなかでも“熱帯林”の減少がとりわけ世界レベルで問題視されているのはなぜでしょうか。

 それはとても重要な問題ですので、森林(FOREST)のスペルを使って説明しましょう。
F - food(食料), fish(魚), fuel(燃料),〈medicine plant(薬用植物), wildlife(野生動物)〉
O - outdoor sports(トレッキングなどのアウトドア・スポーツ)
R - recreation(森林散策などのレクリエーション)
E - environment(環境)〈O2(酸素の供給), H2O(水の貯留と供給)〉
S - soil(土壌の保持と肥沃化), society(社会貢献)
T - timber(木材)

 人間はこれまで、森林の価値を最後の“timber(木材)”でしか見てきませんでした。 しかし、実際には、ここに挙げたように、森林は、他にもたくさんの価値を提供してきてくれました。 では、なぜ森林のなかでもとりわけ熱帯林が重要視されるのでしょうか。
 その理由は、熱帯林が、薬用植物、きれいな水、レクリエーションなど、ここに挙げたすべてを提供してくれるからなのです。

それほどまでに重要なのに、熱帯林はどうして急速に減少しているのでしょうか。

 熱帯林に限らず、森林が減少する要因は、大きく2つに分けられます。
 自然現象によるものと、人間によるものです。自然現象による森林破壊の要因としては、洪水、地震、火災などがあります。 ただ、人間による森林破壊は、自然現象による森林破壊に比べて、もっと深刻です。

私たち人間は、どのようにして森林を減らしているのですか。

 人間による森林破壊の要因としては、主に2つが挙げられます。
 1つは、森林伐採です。木材の採取を目的として、大量の木を切り倒しています。 もう1つが、森林の農耕地への転換です。
 現在、熱帯の国においては、熱帯林からアブラヤシのプランテーションへの転換などにより、各地で森林が縮小しています。 また、マレーシアやインドネシア、タイなどでは「焼畑農業」の問題があります。
 もともと熱帯林の地域には、転々と土地を移動しながら、焼畑農業を行う人たちがいます。マレーシアはそれほどひどい状況にありませんが、例えばインドネシアなどでは、焼畑農業のために森林を焼き払うとき、この人為的な火災が手の付けられない状態になり、燃え広がって1000ヘクタール単位で森林が消滅するという事態も起こっています。
 ただ、生活のために農業を営む権利は守られなければなりません。 農業の問題と森林環境の問題、この2つの間でどのようにバランスをとっていくか、これが非常に難しい点になっているのです。

※数秒後に、ナショナル ジオグラフィック日本版サイトのトップ画面を表示いたします。

-->

※数秒後に、ナショナル ジオグラフィック日本版サイトのトップ画面を表示いたします。

-->

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー