森 ~ 私たちと森のサステイナブルな関係を考える ~

 世界の森は、毎年5万km2ほど減っています。それは生物多様性の国、コスタリカと同じくらいの広さ、日本で言うなら九州と北海道の間くらいの広さに相当します。それだけの森が、伐採によって農地に転用されたり燃料になったり、あとは森林火災などで減っているのです。

 いっぽう日本の森は、ほとんど減ってはいませんが、高齢化した森、特に人工の森が手入れされずに放置されたままになり、さまざまな問題を引き起こしています。

 このWeb特集「森」では、『ナショナル ジオグラフィック日本版』に掲載された森についての特集をはじめ、世界の森と日本の森の両方に光を当て、私たちと森のサステイナブルな関係、これからの付き合い方を考えます。

閉じる

森のコンテンツ

サイト統合記念 プレゼントキャンペーン

最新号のご案内

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年4月号
日経BP書店
アマゾン

ナショジオクイズ

戦後、糸川英夫によって開発された日本初のロケット。そのあまりの小ささから、ロケットについたあだ名とは?

  • ミニロケット
  • ペンシルロケット
  • シガーロケット

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー