ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 シャッター速度

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 シャッター速度

ナショナル ジオグラフィック
プロの撮り方 実践の露出

  • 定価:本体2,200円+税
  • 発行日:2015/3/24
  • ブライアン・ピーターソン著
  • サイズ:天地248mm×左右190mm、146ページ、
    ソフトカバー
  • 日本語翻訳版、オールカラー
  • ISBN:9784863133105
  • 直販商品番号:G12600

購入はこちら

内容紹介

撮影現場では露出が決まらず頭を悩ませていませんか?そんな時こそプロならではのワザを紹介した本書がお役に立てるはずです。

  • 絶景と言われる景観を撮ったのに、ポストカードで見るような鮮やかな写真にならない
  • 花火をきれいに撮りたいがうまくいかない
  • 光が少ないシーンでも動く被写体の一瞬を撮りたい!
  • レフ版やフラッシュを使ってみたが、露出とシャッタースピードが決まらない
  • 雪景色などコントラストの強い場面ではどこに露出を合わせればよいか?

そんな厳しい光の条件に遭遇しても、現場に本書があれば解決に導いてくれます。

購入はこちら

本書で紹介している作例

サンプル写真
サンプル写真
撮影タイミングによる違いいずれも24-85mmズームレンズ、F11、4秒
サンプル写真
3つの基本条件に気を付けて撮る花火24-85mmズームレンズ、F8、4秒
サンプル写真
環境光とフラッシュの組み合わせ方にワザあり
24-85mmズームレンズを24mmで使用、F16、1/200秒、外付けフラッシュを使用
サンプル写真
シャッター速度とモデルの動き方もポイント12-24mmズームレンズ、F22、15秒

購入はこちら

目次

  • はじめに
  • 第1章 創造的な意味での「適正な露出」を理解しよう
    被写界深度を深くして撮るときのポイント
    望遠レンズで被写界深度を深くするには
    被写界深度が浅いときの撮影テクニック
    被写界深度プレビューボタンを使いこなす
  • 第2章 どんな条件の下でも美しい風景写真を撮るノウハウ
    壮麗な夕暮れの景色での露出の決め方
    風景や都市の景観を鮮やかな色彩でとらえるワザ
    晴天や曇天の撮影で光の反射を抑えるテクニック
    コントラストの強い場面で露出を決める
  • 第3章 効果的に「動き」を表現する露出とは?
    動きの速い被写体をシャープにとらえるには
    光が少ない場面で「動き」を止めるには
    スローシャッターで「動き」を表現する
    暗い場所で車の流れをとらえる
    被写体の動きに合わせてカメラを動かす方法
  • 第4章 夜間の撮影での実践ノウハウ
    満月を撮る
    稲妻を撮る
    花火を撮る
  • 第5章 環境光はフラッシュとレフ板でコントロール
    逆光でポートレートを撮る
    背景よりも暗い被写体を撮る
    夜明けや日没の空を背景に被写体を撮る
    真昼に魅力的なポートレートを撮る
    黒い背景で花を引き立てる
    暗い背景を被写体と同じ明るさで撮る
    ポートレートを引き立てるフラッシュの逆光
    風景写真の前景を思い通りの明るさで撮る
  • 第6章 アート作品を生み出す露出
    「幽霊」を撮る
    スローシャッターで「絵画」を撮る
    動感を表現できるズーミング
    照らした光で写真を「描く」
  • 本書で紹介した実践的な露出のポイント

サンプル

購入はこちら

関連商品

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー