いま、世界中の海でサンゴ礁が衰退の危機にさらされています。サンゴ礁衰退の大きな原因のひとつに挙げられるサンゴの白化現象を防止するには、そのメカニズムを解明する必要があります。 そこで三菱商事は、サンゴ礁を取り巻く生態系やサンゴ白化現象のメカニズム、サンゴ礁の保全方法の解明を目的に掲げ、2005年度より、沖縄、ミッドウェイ、セーシェルの世界3地域において、6年間の予定でサンゴ礁保全プロジェクトを実施しています。
ひとりでも多くの人に環境保全への理解を深めてもらうために、本プロジェクトは産・学・民が連携する形で進められており、国内外の大学やNPOに加えて、三菱商事の社員ボランティアや一般市民のボランティアも数多く参加しています。
美しいサンゴを取り戻すために、海の生態系を守るために、サンゴ礁保全プロジェクトは今後も続いていきます。

サンゴ礁保全プロジェクト フォトギャラリー