プロの撮り方 構図を極める

プロの撮り方 構図を極める

プロの撮り方シリーズ最新刊!
これ1冊で“構図”の真髄をつかむ!

定価:本体 2,900円+税
ブライアン・ピーターソン著
サイズ:天地248mm×左右190mm、290ページ
ソフトカバー、オールカラー
2013年11月25日発行
ISBN:9784863132207
商品番号 G12030

購入はこちら

内容紹介

一眼カメラで必ずぶつかる構図の壁を、非常にシンプルな説明で解き明かします。プロならではの、実体験に基づく豊富なシチュエーションごとに構図の考え方を提示。さらに、構図を変えることで何が変わるのかを300点超の作例と図でわかりやすく説明することで、その効果を目で見て体験できます。一眼カメラでの撮影の幅がぐっと大きく広がる1冊です。

主な収録内容

  • 第1章日常の中で構図のセンスを磨く
  • 第2章絞りとシャッター速度の構図での役割
  • 第3章画面いっぱいにとらえる印象的な構図
  • 第4章背景選びが構図を決める
  • 第5章キャンバスが生み出す心地良い構図
  • 第6章人を引きつける前景
  • 第7章コントラストの妙を知る
  • 第8章黄金分割(3分割法)とビジュアルウェイト
  • 第9章横位置か縦位置か、構図の決め方
  • 第10章前景にフレームを入れる
  • 第11章細部にも気を配ろう
  • 第12章「もう1枚」が素晴らしい構図の源泉
  • 第13章決定的瞬間をとらえる
  • 第14章原則を破るとき

編集者からのひとこと

「露出を極める」に続いて編集を担当したTです。
 露出と並んで、写真を撮るなら必ず知っておきたい構図の知識がテーマです。本書を一言で言えば「成功する構図には必ず法則があり、そのポイントをつまびらかにした書」。
 本書をつくりながら感じたのは、露出本と変わらないブライアンさんの教え方のうまさです。舌を巻きます。さすが世界35万部のベストセラー書の著者です。誰もが疑問に思うこと感じていたことを、論理的でありながら非常にわかりやすく解き明かしてくれるので、胸にストンと落ちます。しかも、ご自身の写真がまた美しく、説得力にあふれた作例で見ているだけでも楽しめ、覚えた知識をすぐに試したくなるのです。私自身は写真の初心者ですが、校了時にはすっかり写真がうまくなったと錯覚するほどでした。
 写真の原則である露出は論理的な説明になりがちですが、今回の構図は論理だけではない、人間が写真をどのように見ているのかという感覚についての記述が面白いです。前著とは違った「ブライアン節」を楽しみながら、ぜひ、撮影技術の腕を磨いていただけたらと思います。


購入はこちら

掲載写真サンプル

■P.41-42(043) 海の写真(シャッタースピード)

sample

F8、1/15秒

sample

F22、15秒 可変式NDフィルターで5段分減光

■p.50-51 カエデの葉(被写体の大きさ)

sample sample

被写体に近づいて撮影

■P.152-153 ラベンダー畑と木(三分割法)

sample sample

3分割法で、木を画面右3分の1に入れた

■P.194-195 アンコールワットの女性(縦位置と横位置)

sample

横位置

sample

縦位置

購入はこちら

本書のサンプル (画像クリックで拡大)

購入はこちら

関連商品

INDEX

  • 内容紹介
  • 掲載写真サンプル
  • 本書のサンプル
  • 関連商品
  • 購入はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー