受付を終了しました

求む。世界を夢中にさせる写真

わたしたちの賞には選考基準があります。
それは、ほかの写真賞や写真コンテストでは見かけないものかもしれません。
世界基準で通用する作品を探している一方、
子どもたちでも感じ取れる作品の強きも同時に求めています。
世界中の読者を夢中にさせてきたナショナルジオグラフイックと同様に、自然や人聞のありのままを写した美しし鷲きと発見に満ちて、ドキドキ、ワクワクするようなドキュメンタリー写真であることを、選考の基準とします。

米国ニューヨークでの個展開催は『日経ナショナル ジオグラフィック写真賞』のグランプリの受賞特典の一つ。 2014年のグランプリ受賞者、竹沢うるまさんの写真展は今年4月に開催され、現地でも大きな話題を集めました。 またこの受賞をきかっけに、竹沢さんはナショジオ英語版のサイトを筆頭に、 「Newsweek」、「Wall Street Journal」 など、世界的なメディアでも取り上げられました。

現在、竹沢うるまさんのアーティストプリントおよび特装版「LAND」を発売中です。
くわしくは、こちらをご覧ください。

竹沢うるま 米国ニューヨーク個展体験記 >>

日経ナショナル ジオグラフィック写真賞  2015年

募集要項

【 選考基準 】

・真実をありのまま写していること
・美しく、驚きと発見に満ちていること


・ドキドキ、ワクワクすること
・ドキュメンタリー写真であること

【 審査部門 】

A「ネイチャー」
自然の素晴らしさや驚きの姿、動物や植物をとらえた作品

 

B「ピープル」
世界の人々の営み、社会、文化を活写した作品

【 応募資格 】

プロカメラマン、プロに準ずるハイアマチュア

 

【 表彰 】

グランプリ

1点:賞金100万円
グランプリ受賞者個展を、2016年5月米国ニューヨークにて行う予定です。

最優秀賞

ネイチャ一部門、ピープル部門
各1点:賞金10万円

優秀賞

ネイチャ一部門、ピープル部門 
各4点

【 作品受付期間 】

2015年9月1日~2015年10月30日
※デジタル写真もプリントでご応募ください

 

【 受賞者決定の流れ 】

2015年11月  審査期間
2016年度中  ナショナル ジオグラフィック
       日本版に作品掲載

 

受付を終了しました

審査委員

審査委員長/野町和嘉氏
40年にわたり、アフリカ、申束、アジア、南米を撮り続けている。海外での出版、展示も多く、国際的に高い評価を得ている。我が国のドキュメンタリー写真を牽引する写真家。

審査委員/中村征夫氏
水中の魅力に魅かれ40年。水中写真家として、海の生態、環境を撮り続けている。 対象への深い知識と研究を重視する。写真家がどのような努力を重ねるべきか、経験からの指導も評価が高い。

審査委員/大塚茂夫
日本版編集長

ナショジオの写真についてもっと知るなら

ナショナル ジオグラフィック
プロの撮り方 完全マスター
本体4,600円+税

ナショナル ジオグラフィック
プロの撮り方 実践の露出
本体2,400円+税

「ナショナル ジオグラフィック」の誌面を飾った代表的な作品を事例に、プ口の撮影技術を詳細に解説。写真家のアドバイスなど、すぐれた写真を撮るための心構えまでもが学べる一冊。

撮影現場では露出が決まらず頭を悩ませていませんか?そんな時こそプロならではのワザを紹介した本書がお役に立てるはずです。