/2009年10月号

トップ > マガジン > 2009年10月号 > 特集:シリーズ 地球のいのち マンタ


最新号

ナショジオクイズ

こちらはイタリア、メディチ家礼拝堂の下に隠されていた部屋。壁の素描はとある高名な芸術家によるものとみられていますが、さて誰でしょう?

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • ミケランジェロ
  • エル・グレコ

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら


特集

シリーズ 地球のいのち
マンタ

OCTOBER 2009

文=ブルース・バーコット 写真=トマス・P・ペシャック

帯のサンゴ礁周辺にすむオニイトマキエイ、通称マンタ。その驚きの捕食の瞬間を、インド洋の島国モルディブで目撃した。

 南北に細長く連なる島嶼(とうしょ)国家のモルディブ共和国。この国に属するハニファル島はインド南岸から700キロほど沖合のインド洋に浮かぶ無人島だ。上空から見ても、とりわけ特徴的なものは何もない。トラック1台分ほどの砂の上に、熱帯性の低木がまばらに生えているだけで、10分もあれば、子供でさえ、その海岸線を踏破できるだろう。

 26の環礁と1192の島で構成されるモルディブでは、ハニファル島が殊更に小さいわけではない。だが、この島にはほかの島と違う点がある。年に数回、季節と潮の干満が条件を満たした時、モルディブ全域からマンタが集まり、バレエでも踊るかのように、食事をするのだ。

 季節は5月から11月。インド洋の南西季節風海流が潮の干満で押し戻されると、その反動で深海の水が吸い上げられ、オキアミをはじめとするプランクトンが海面近くに運ばれてくる。その後、プランクトンは海流によってハニファル湾内へと追い込まれるが、そのまま海面近くにとどまれば、湾を囲むサンゴ礁を越えて、安全な外洋へと押し流されるだろう。ところが、そうはならない。本能に突き動かされたプランクトンは、太陽の光から遠ざかろうと、深みへと潜り、最後には湾の底に捕らえられてしまう。湾内の海水は大量のプランクトンでくもって見えるほどになる。

 そこに登場するのが、マンタ(オニイトマキエイ、学名:Manta birostris)だ。「満潮の直後、まず、数匹が現れます」と話すのは、モルディブのマンタを3年にわたって調査する英国の海洋生物学者、ガイ・スティーブンス。「でも、勢ぞろいするまでに時間はかかりませんよ。サッカー場ほどの広さしかない湾に200匹ものマンタが集まって、数時間も食事を続けるんです」

 モルディブに生息するマンタは、胸びれの端から端までが最大で3.5メートルにもなる。餌はオキアミなどのプランクトンで、食事の様子はダイナミックそのものだ。プランクトンの群れを見つけると、四角い大きな口を開けたまま突っ込み、海水もろとも吸い込む。そして、鰓(えら)を使ってプランクトンだけを濾(こ)し取るのだ。プランクトンが密集した場所では、旋回したり宙返りしたりして何度も餌の群れに突っ込んでいくし、数十匹、時には数百匹ものマンタが代わる代わるに餌を吸い込んでいく。

1Next

年間購読のお申込はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー