2007年11月号

表紙

 大気の影響がない宇宙空間から、はるか遠くの天体を観測する宇宙望遠鏡。その中でも代表的なのが、1990年に打ち上げられて大活躍し続け、天体観測の分野で一時代を築いたハッブル宇宙望遠鏡だ。その18年間の軌跡をたどった。表紙の写真は星々が連鎖的に輝きを増す“光のこだま”の様子を捉えたもの。
画像=nasa/esa/howard bond, stsci

特集

  • シリーズ「宇宙」
    ハッブルが拓いた時代

    文=ティモシー・フェリス
  • 自然と共に生きる 
    ハンターたち

    文=ロバート・M・プール 
    写真=ウィリアム・アルバート・アラード
  • 豊穣の大地 ラテンアメリカ
    文=マリー・アラナ 
    写真=ロバート・B・ハース
  • トンガに迫る 決断のとき
    文=マシュー・ティーグ 
    写真=エイミー・トンシング
  • 地球の悲鳴
    人と動物を襲う感染症

    文=デビッド・クアメン 
    写真=リン・ジョンソン

コラム

地球カレンダー

  • ■ウミガメの甲羅でひと休み

大地の素顔

  • ■米国ニューヨーク市
      5番街で泳ぐ女性
  • ■オランダ
      2000人が参加した砂浜のアート
  • ■フィンランド
      蚊と水滴がつくる不思議な光景

環境

  • ■アマゾン伐採を宇宙から監視

ニュースの地理学

  • ■世界で最も汚染された地域は?

野生生物

  • ■産みっぱなしの卵

技術

  • ■歴史的事件の“音”を守る

写真は語る

  • ■ジョナス・ベンディクセン
      今も残るソ連崩壊のひずみ

日本の百年

  • 和洋折衷だった昭和初期の町並み

鳥の目・蟻の目

  • ■青いお花畑?

郵便番号を旅する

  • ■986-0202
    宮城県石巻市北上町
    北上河口の茅葺き職人たち

広場

編集だより

ミュージアム情報