ヒョウの眼

彼女の名前はラハディマ。セツワナ語で「稲妻」という意味だ。ボツワナのオカバンゴ・デルタで生まれた雌のヒョウとその母の姿を、野生動物映像作家のビバリーとデレックのジュベール夫妻が追った。3年間にわたって撮影された映像と、取材中のこぼれ話を紹介する。

©National Geographic Society. All rights reserved.
©Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.