マガジン

トップ > マガジン

2007年5月号ラインアップ

  • 植民地建設当時のアメリカ

    現在の米国バージニア州に、英国人が北アメリカで初めて定住に成功したジェームズタウン植民地が建設されて、今年はちょうど400年。その後、アメリカの風景は一変した。その原因を探る。

  • 入植者が新世界に持ち込んだ品々

    考古学者がジェームズタウン史跡で発掘した100万点におよぶ遺物は、入植した人々の米国開拓のドラマを雄弁に物語る。

  • 海を渡る蝶 アサギマダラ

    日本で唯一「渡り」をする蝶として知られるアサギマダラ。最長2000キロにもおよぶ旅をする蝶の謎を解こうと、日本各地に調査の輪が広がっている。

  • シリーズ「地球の悲鳴」
    インド・ムンバイ 
    スラムに流れ込む人々

    インド・ムンバイのスラム、ダラヴィには、2.5平方キロの土地に100万人がひしめく。「都市集中化問題」の縮図のような、複雑な現実を紹介する。

  • カバの王国 ルアングワ渓谷

    ザンビアのルアングワ渓谷は、アフリカでも有数の野生生物の宝庫だ。全長約800キロの大河のほとりに、カバやゾウ、ライオンなどが生息する。

  • 米国最後の大草原 フリントヒルズ

    米国カンザス州のフリントヒルズは、丈の高い草が広がる最後の大草原。昔ながらの生態系は、未来ばかりを見つめる人間の営みに警鐘を鳴らす。

フォトギャラリー
未掲載を含む特集の写真を紹介

フラッシュバック
ナショナル ジオグラフィック協会の写真資料室より


最新号

定期購読

ナショジオクイズ

写真はドバイの街を世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」から見下ろしたものですが、ブルジュ・ハリファの高さに近い山は次のうちどれ?

  • 箱根山
  • 比叡山
  • 天保山

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

壁紙
美しい写真をダウンロードできます。

ミュージアム情報
博物館の紹介と最新イベントを紹介します



世界の子どもにワクチンを 日本委員会

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー