• TOP
  • 自然・風景の記事一覧

自然・風景

41~ 60件を表示/64件中

ジャンル記事一覧

  • 極北の孤島に生きる

    雪と氷に閉ざされたロシアのウランゲリ島は、人間を簡単には寄せつけない野生動物たちの聖域だ。

  • 【インタビュー】Webナショジオ・インタビュー 大沢たかお

    1年前、NHKのBSプレミアム「フローズン プラネット」で夏の南極を旅した大沢たかおさん。この冬はその続編ともいえる番組「大沢たかお 神秘の北極圏」で…

  • 米国史の知られざる舞台

    合衆国憲法を最初に批准した米国デラウェア州。国立モニュメントの候補地となっている歴史遺産を訪ねる。

  • 夜の庭園散歩

    花々が香り、月光が表情を浮かび上がらせる。画家が愛した花の庭や趣向を凝らした富豪の庭園など、世界各地の夜の庭を訪ねた。

  • 【連載】こっそり教える世界の新名所

    旅が好き。でもどんな旅行ガイドにも載っている観光地にはうんざりなみなさん。大丈夫、世界にはわくわくする旅先がまだたくさんあります。有名な旅先の近くにあ…

  • 砂の波 美しき造形

    砂丘の美しさに魅せられた写真家がパラグライダーで空を飛び、世界各地の砂漠を上空からとらえた。

  • 追跡! 稲妻発生の瞬間

    米国の“稲妻ハンター”が、重さ1トン近い超高速度カメラとともに、大きな雷雲を追う。狙うのは、稲妻発生の瞬間だ。

  • 荒ぶる嵐の素顔

    嵐に魅せられた風景写真家と“嵐の追跡者”が、米国中西部の大草原で巨大な嵐を追いかける。

  • 摩訶不思議なソコトラ島

    イエメン沖のインド洋に浮かぶソコトラ島。独自の進化を遂げた動植物の楽園に、開発の波が迫る。

  • 【インタビュー】Webナショジオ・インタビュー ティム・レイマン

    ハーバード大学で博士号を取得した生物学者であると同時に、世界的な自然写真家として活躍を続けるティム・レイマンさん。ボルネオ島のさまざまな生きものをはじ…

  • アイスランドの絶景

    火山と氷河がはぐくんだ大地は、人間と家畜による森林破壊に屈することなく、壮大な自然美を保ち続ける。

  • 巨石のある風景

    米国の公園や道路脇に転がる「迷子石」。氷河が運んだ巨石を巡り、氷河時代に思いを馳せる。

  • アラビアの海を慈しむ

    詩にも歌われたアラビア半島の豊かな海。地域一丸となって海を守る取り組みが今、始まった。

  • バーミリオン・クリフ

    米国アリゾナ州北部にそびえる断崖絶壁。悠久の時と自然の力が生んだ、圧倒的な造形美をとらえた。

  • 塩と大地が織りなす奇観

    エチオピア、ジブチに広がるアファール低地。三つの構造プレートが生む、この地ならではの奇観に迫る。

  • 【連載】南極なう!

    ドラマ「南極大陸」は壮絶な日々だったけれど、今の南極観測隊ってどうなんだろう? 素朴な疑問を携え、Webナショジオでは、この冬(南極は夏!)を現地で過…

  • 美しき川の流れ

    太古の自然の姿をとどめた美しい川を、守り伝えたい――ダム建設の脅威から米国の川を守り、原生の自然を残してきたのは、約40年前に成立した保護法と、川を愛…

  • 【インタビュー】Webナショジオ・インタビュー 岩合光昭

    『ナショナル ジオグラフィック日本版』創刊200号記念インタビューのゲストは、動物写真家の岩合光昭さん。日本版ができる以前、岩合さんは日本人では唯一、…

  • ある写真家が愛した風景

    米国を代表する風景写真家アンセル・アダムス。彼が生涯愛し続けたシエラネバダ山脈を訪ねる。

  • アディロンダックの自然

    ニューヨーク州北東部に、奇跡の復活を遂げた自然が広がる。その表情豊かな森や湖と、公園の歴史を追う。

最新号

ナショジオクイズ

写真のハチドリはなぜじっとしているのでしょうか?

  • ハンドパワーを受けたから
  • 方向感覚を失ってしまったから
  • 熟睡しているから

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー