• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • TOP
  • 環境の記事一覧

環境

41~ 55件を表示/55件中

ジャンル記事一覧

  • 地震前の謎の発光現象、ついに解明か?

    地震発生前に謎の光が輝く「地震発光現象」の原因が解明されたという。

  • 巨大竜巻との死闘

    今年5月31日、ナショジオ誌でもおなじみの竜巻追跡の第一人者ティム・サマラスが、米国オクラホマ州の竜巻で死亡した。慎重だった男に何が起きたのか。

  • 加速する海面上昇

    地球温暖化がもたらすのは気温上昇だけではない。海面上昇がもたらす、地球の危うい未来をあぶり出した。

  • 【研究室】研究室に行ってみた。防災科学技術研究所 豪雪防災 佐藤威

    世界一の豪雪の国、日本。「平成18年豪雪」をはじめ、21世紀に入ってから、その前の10年ほどと比べてまた雪が多くなっているという。平成23年も平成24…

  • 【研究室】「研究室」に行ってみた。極端気象 真木雅之

    ゲリラ豪雨、竜巻、落雷、ひょうなど、大きな被害をもたらす突発的な悪天候が増えている。このように狭いエリアで起こる激しい天気は、“雲の王”とも呼ばれる積…

  • 猛威を振るう異常気象

    記録的な干ばつ、竜巻、豪雨……。異常気象と地球の変化に人間はどう立ち向かうべきなのか。

  • 追跡! 稲妻発生の瞬間

    米国の“稲妻ハンター”が、重さ1トン近い超高速度カメラとともに、大きな雷雲を追う。狙うのは、稲妻発生の瞬間だ。

  • 荒ぶる嵐の素顔

    嵐に魅せられた風景写真家と“嵐の追跡者”が、米国中西部の大草原で巨大な嵐を追いかける。

  • 【研究室】「研究室」に行ってみた。長妻努

    天気予報を知らない人はいないけど、宇宙にも天気予報があることを知っている人は少ないのでは。でも、宇宙天気予報がないと困る人たちが、実はこの地球にはたく…

  • 太陽嵐の衝撃

    太陽から爆発的に放出された電磁波や粒子が地球を襲う「太陽嵐」。太陽活動が極大期を迎える2013年、巨大な嵐が地球を襲うことになるのだろうか?

  • 【連載】深海7000メートル! 東日本大震災の震源断層掘削をミタ!

     「東日本大震災の震源断層で温度を測り、サンプルを持ち帰れば、いまだ知られざる地震の姿が見えてくるはず」。研究者のそんな熱い想いから始まった震源断層掘…  いったいどうやって? それで何がわかるの?研究航海に向かった地球深部探査船「ちきゅう」のデッキから送る現場レポート。

  • 【研究室】「研究室」に行ってみた。今村文彦

    2011年3月11日。日本の東北地方沖で発生したマグニチュード9の巨大地震による巨大津波は、宮城県、岩手県、福島県の3県を中心に、北海道から関東地方の…

  • 津波 そのメカニズムと脅威

    ほぼ毎年、世界のどこかで起きる津波。日本やインドネシア、米国の事例から、何を学べるのか。

  • 福島原発 避難の記憶

    3月11日の大地震後、原発事故の知らせを受けて、やむなく故郷を後にした住民たち。その記憶をたどる。

  • 「タイ洪水をもたらした大雨は予測できていた」

    「タイ洪水をもたらした大雨は予測できていた」と、東京大学の山形俊男教授は語る。 要因は、20世紀後半になって顕在化したインド洋の大気と海洋の相互作用。 地球温暖化にともない、こうした現象は強度を増し、異常気象を増やしつつある。

2011年6月以前の記事はこちら

最新号

ナショジオクイズ

200種類以上の植物を育み、太陽光発電の照明で辺りを照らす写真の「スーパーツリー」はどの国の名物?

  • インドネシア
  • マレーシア
  • シンガポール

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ