• TOP
  • 環境の記事一覧

環境

81~ 100件を表示/111件中

ジャンル記事一覧

  • 「最も偉大な」冒険家

    ラノフ・ファインズ卿は「存命中の冒険家では最も偉大」とされる英国人。40年以上にわたって先例のない探検に身を投じ、川や砂漠、北極や南極に挑んできた。6…

  • 成層圏からスカイダイビング

    フェリックス・バウムガルトナーは昨年10月、スカイダイビングで音速の壁を超えた。気球で成層圏まで上昇し、高度3万6300メートルから飛んだのだ。最高速…

  • 海を守る「深海の女王」

    シルビア・アールは海に潜った時間を合計すると1年近く(約8760時間)に及ぶ海洋学者。まだ女性が歓迎されなかった1960年代から、調査隊に加わり、活躍…

  • 鳥たちの未来を守る

    2007年、世界一周単独飛行の最年少記録を打ち立てた。能力の限界に挑んで、可能性を広げてみよう――。現在、彼はフロリダ州に設立した学校で、大空への夢を…

  • マナティー 保護か観光か

    米国フロリダ州のキングス湾に集まるマナティーをめぐって、地元住民たちの間で論争が巻き起こっている。

  • 大空への夢を育てるパイロット

    2007年、世界一周単独飛行の最年少記録を打ち立てた。能力の限界に挑んで、可能性を広げてみよう――。現在、彼はフロリダ州に設立した学校で、大空への夢を…

  • 氷の海でサンゴの調査

    深海のサンゴを研究するため、アラスカの氷の海に潜る。ナショジオ3月号のリスク・テイカーは、米国メーン大学の海洋生物学者、リーアン・ウォーラーです。

  • 危機を地図にする男

    パトリック・マイヤーは、国境を越えて世界中の危機を地図にする。自然災害などが起きると、被災状況をツイッターやメールで収集し、地図に落とし込んで、インタ…

  • 戦場の医師

    ジル・シーマンは困窮するスーダン南部の人々に現代医療を届ける方法を模索する医師。

  • 石油開発に揺れる熱帯雨林

    世界屈指の生物多様性を誇るエクアドルのヤスニ国立公園。その原生林で石油開発が着々と進んでいる。

  • ネコの病を探求

    ヤロスラフ・フレグルはチェコ出身の進化生物学者。自らが感染しているトキソプラズマ原虫について研究を行っている。

  • 氷河から気象を読み解く

    ロニー・トンプソンは38年にわたりペルーや中国などの高山で氷河のサンプルを採取し、気象データを集めてきた氷河学者。

  • 毒ヘビを追いかけて

    ゾルタン・タカシュは爬虫(はちゅう)類学者。これまでに100カ国以上を回り、毒をもつ爬虫類を数千匹捕獲してきた。毒を採取して、人間向けの治療薬の開発に…

  • 命知らずのカヤック乗り

    世界各地の急流をカヤックで旅する自然保護活動家、トリップ・ジェニングス。

  • リスク・テイカー

     危険を覚悟で、地球の未知を探求し、世界の平和や環境保護に身を捧げる挑戦者。そんな「リスク・テイカー」たちの素顔を、一年にわたって紹介する。

  • 追い詰められるチーター

    陸上動物の中で最速として知られるチーターだが、生息域の縮小などを背景に、種の存続が危ぶまれている。

  • 象牙と信仰

    密輸され、聖像や仏像に姿を変える象牙。フィリピンやタイ、中国でその実態に迫った。

  • ひとりぼっちのトキ

    なぜ、生まれ育った島を飛び去ったのか。放鳥されて唯一、本州で生きるトキに会いに行く。

  • ウナギが食べられなくなる日

     日本人が長きにわたって食べてきたウナギの資源が危機的な状況にある。養殖ウナギの「原料」となる稚魚「シラスウナギ」の漁獲量の減少が著しいからだ。今季は…

  • 【インタビュー】Webナショジオ・インタビュー ティム・レイマン

    ハーバード大学で博士号を取得した生物学者であると同時に、世界的な自然写真家として活躍を続けるティム・レイマンさん。ボルネオ島のさまざまな生きものをはじ…

最新号

ナショジオクイズ

1億1000万年前の鎧(よろい)竜の化石。保存状態が抜群に良かったのはなぜでしょう?

  • 短期間で海底に埋もれたため
  • 冷凍保存状態になったため
  • 健康的な食生活を送っていたため

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー