• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • TOP
  • 国・地域の記事一覧

国・地域

41~ 60件を表示/65件中

ジャンル記事一覧

  • [明らかにする/REVEAL]北朝鮮 見え隠れする素顔

    厳しく統制された北朝鮮で、真の姿をとらえるのは容易ではない。長期にわたる取材で、閉ざされた社会の“無防備な瞬間”を拾い集めた。

  • 大集合!インドのカラフルなゾウたち

    インド北部の都市ジャイプルで毎年開かれるゾウ祭りでは、ゾウたちが華やかな装いを披露する。

  • キルギス 誘拐婚の現実

    女性を連れ去り、強引に結婚させる「誘拐婚」。中央アジアの国、キルギスで続く驚きの慣習を、4カ月かけて取材した。

  • 中国の大運河を行く

    隋の時代に初めて運河が築かれてから約1400年。現在も活躍する京杭大運河を、ある家族の船でめぐる。

  • 長江のほとり再会の時

    かつて英語の教師として中国の田舎町に赴任した筆者。教え子たちに会うために再訪した町は、経済発展により大きく変貌していた。

  • 忘れられた遊牧民

    アフガニスタン北東部に位置するワハーン回廊。厳しい自然と国際政治に翻弄されたこの高地で、誇り高く生きる遊牧民たちの暮らしに密着した。

  • シャーマン 精霊に選ばれし者

    精霊の声を聞き、人々の魂を癒やすシャーマン。今、モンゴルを中心にその数が増えつつある。

  • ムスタン王国 謎の洞窟群

    かつてネパール北部に栄えたムスタン王国。断崖に築かれた洞窟群の謎がいま解き明かされる。

  • ひとりぼっちのトキ

    なぜ、生まれ育った島を飛び去ったのか。放鳥されて唯一、本州で生きるトキに会いに行く。

  • チベット高原の“金”

    古くから漢方薬として珍重されてきた菌類の一種、冬虫夏草。需要の増加に伴い、産地のチベット高原は活気づいている。

  • ウナギが食べられなくなる日

     日本人が長きにわたって食べてきたウナギの資源が危機的な状況にある。養殖ウナギの「原料」となる稚魚「シラスウナギ」の漁獲量の減少が著しいからだ。今季は…

  • 【研究室】「研究室」に行ってみた。木部暢子

    アイヌ語、八重山語、与那国語、沖縄語、国頭語、宮古語、奄美語、八丈語――。2009年2月のユネスコの発表によれば、これらは消滅の危機にある日本の「言語…

  • インタビュー:徐星さん(最先端の恐竜学者)

    史上最多といわれる50種近い新種恐竜を発表してきた中国の古生物学者、徐星さん。2012年4月には羽毛を生やした大型のティラノサウルス類の恐竜「ユティラ…

  • 香港 忍び寄る中国の影

    中国に返還されて15年。本土への経済依存が強まるなか、活況に沸いた自由の都はどこへ向かうのか。

  • 色鮮やかな兵馬俑

    秦の始皇帝を守るために葬られた軍隊や馬の陶像が2200年の時を超えて、色鮮やかによみがえった。

  • K2 頂をめざして

    エベレストより登頂が困難と言われる世界第2の高峰K2に挑んだ女性登山家。その壮絶な闘いを記録する。

  • 【研究室】「研究室」に行ってみた。今村文彦

    2011年3月11日。日本の東北地方沖で発生したマグニチュード9の巨大地震による巨大津波は、宮城県、岩手県、福島県の3県を中心に、北海道から関東地方の…

  • 虚栄の都 アスタナ

    中央アジアの新興国カザフスタンが、豊富な資源で得た巨額の資金を投じて建設した新首都。人工的なその街で、若者たちが夢を追う。

  • 再生するカンボジア

    「地雷が一つ減れば、脚を失う子供が一人減る」。戦乱の“負の遺産”を抱える国は、着実に復興の道を歩む。

  • 福島原発 避難の記憶

    3月11日の大地震後、原発事故の知らせを受けて、やむなく故郷を後にした住民たち。その記憶をたどる。

ナショジオクイズ

フラミンゴがピンク色の理由は?

  • いつも興奮しているから
  • 食べ物から天然色素を吸収するから
  • 紫外線によってメラニンの合成が促進したから

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ