ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO

文・写真=マーク・W・モフェット

LINE

カマキリの仲間は世界各地に生息し、その数はおよそ1800種。第一線の昆虫写真家が、4大陸でこの驚くべきハンターを取材した。

LINE

 獲物が近づくとじっと待つ姿から「拝み虫」「祈り虫」とも呼ばれるカマキリ。なかには、その姿を植物やほかの虫そっくりに似せて、天敵や獲物の目をあざむくものもいる。昆虫界で最も狡猾なハンター、カマキリの変幻自在な姿を紹介する。

詳しくは本誌をお読みください。

最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 古代ギリシャ時代の昔から、カマキリには神秘的な力があると信じられていた。ヨーロッパ南部には、子どもが道に迷うと、カマキリが家の方向を指し示してくれると信じていた地方もある。イスラム教徒の人々は、カマキリはいつもメッカの方向を向いて祈っていると考えていたし、アフリカの先住民、カラハリ・ブッシュマンは、創造主カーングの姿をカマキリとして描くこともあった。カマキリの姿に具現化された神は、“偉大な魔法使い”と呼ばれていた。
 アジアでは、カマキリをペットと考え、愛情を込めて扱っている地域も多い。その一方で、カマキリは竹の檻の中で死ぬまで戦う“闘虫”でもある。実際、中国拳法には、カマキリの容赦のない捕食作戦からヒントを得た“カマキリ拳”と呼ばれる型がある。獲物を罠にかけ、身体の自由を奪うカマキリの戦術を真似るのだ。

――タリン・L・サリナス

BOOK






関連リンク

インセクタ・インスペクタ・ワールド:カマキリに関する基礎知識や飼い方などを、子どもにもわかりやすく解説しているサイト。
http://www.insecta-inspecta.com/mantids/praying

擬態の進化:うまく身を隠したカマキリの短い映像もある、昆虫の擬態の進化に関するページ。
http://www.pbs.org/wgbh/evolution/library/01/1/l_011_03.html

バグス・イン・サイバースペース:世界各地に生息するカマキリについて、豊富な情報や写真を提供している。
http://www.bugsincyberspace.com/mantids/index.html



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について