ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

米国ソルトン湖の危機
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=ジョエル・K・ボーン,Jr. 写真=ガード・ルードヴィグ

LINE

米国カリフォルニア州南東部に広がるソルトン湖は独特の美しさをたたえた湖だが、その一方で大量の魚や鳥を死に追いやり、存亡の危機に瀕している。

LINE

 遠くから見ればきれいなソルトン湖の岸辺には、エボシガイやフジツボ、それに長年にわたって大量に死んだ魚の骨が折り重なっている。本当の湖の水は黒ビールのような色をしていて、硫黄のような不快な臭いがする。

詳しくは本誌をお読みください。

最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 ソルトン湖は、20世紀初頭、人間の干渉によって偶然生まれた湖だと言われている。しかしそれは真実だろうか。この説は間違いではないが、完全に正しいとも言えない。ソルトン湖の歴史をさらにさかのぼれば、この湖が海面より低いという事実にも誕生の一因があることがわかる。
 数百万年前の鮮新世、現在ソルトン湖がある一帯は塩水に覆われ、カリフォルニア湾の北端を形成していた。コロラド川はソルトン・シンクの東側に注ぎ込んでいた。ソルトン・シンクは、サンアンドレアス断層をはじめ、クモの巣のように地下を走る断層が、引きあったり離れたりすることによって、地面が南北に裂けてできた地溝だ。やがてコロラド川によって運ばれた何トンもの沈泥がカリフォルニア湾を埋めながら沖積平野を形成すると、湾の北端はつまみとられるように取り残され、この場所に淡水湖が生まれた。
 長い年月の間に、コロラド川の水路は幾度も移動し、沖積平野を南へ流れてまっすぐカリフォルニア湾にたどり着くこともあれば、北へ向かってソルトン・シンクに淡水を注ぎ込むこともあった。シンクの水位は、高くなると現在のソルトン湖の湖面より13メートル上まで達した。カウィーア湖と呼ばれるこの湖の水位線は、今もソルトン湖周辺の岩に残っている。それでもたいていは流れ込む水の量より蒸発する方が多かったため、一帯は乾燥していた。
 20世紀初頭、自然の営みに人間が干渉し始める。コロラド川の水をインペリアル渓谷の農業用水として引き、農地から出る水をソルトン湖へ流したのだ。その後まもなく用水路は氾濫し、これをきっかけとしてソルトン湖は現在の姿に変貌した。絶えず流れ込む農業排水のため、ソルトン湖が干上がることはなくなった。今カリフォルニア州は、湖の自然環境に予算を投じて保全するだけの価値があるかどうか、見定める岐路に立っている。

――エリザベス・スノッドグラス

BOOK






関連リンク

ソルトン湖事務局:ソルトン湖を取り巻く問題、潜在的な解決策、必要な処置を行う決定権が誰にあるのかなど、ソルトン湖に関する情報が満載のサイト。
http://www.saltonsea.ca.gov/

ソニー・ボノ・ソルトン湖国立自然保護区:ソルトン湖の生態系、野生生物について学べるサイト。
http://saltonsea.fws.gov/

インペリアル灌漑用水管理局:論議の的となっている、インペリアル灌漑用水管理局とサンディエゴ水道局との間で交わされた水売却契約について詳しい情報を提供しているサイト。契約の合意文書へのリンクや、インペリアル渓谷の灌漑の仕組みについての情報もある。
http://www.iid.com/water

インペリアル砂丘:インペリアル砂丘の歴史、娯楽、イベントがわかるサイト。オフロード車の運転に関する常識、交通規則、許可されている行為などの情報もある。
http://www.ca.blm.gov/elcentro/ImperialSandDunes/index.html

土地改良局によるソルトン湖復元プロジェクト事務局:ソルトン湖の抱える環境問題、そして湖の浄化に関わる多くの機関が、諸問題にどう取り組んでいるのかについての情報やリンクをチェックできる。
http://www.usbr.gov/lc/region/saltnsea



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について