ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE


2000



1月号
2月号
3月号
4月号
5月号
6月号
7月号
8月号
9月号
10月号
11月号
12月号


2000

LINE

2000年11月号 第6巻第11号 通巻No.68

LINE

表紙

38
リビア 謎の国のベールをはぐ
革命指導者カダフィ大佐が権力を握り、30年もの間国際的に孤立してきた北アフリカの産油国リビア。テロ活動を支援して国連制裁の対象ともなったこの謎の国はいま、テロリスト国家のイメージをぬぐい、世界との“和解”をめざしつつある。
文=アンドリュー・コックバーン 写真=レイザ

68
ゾウを襲うライオンの群れ
アフリカ南部ボツワナのチョベ国立公園。乾期に水量の減る水場では、ライオンの群れが自分たちよりはるかに体の大きなゾウを襲う、珍しい光景が繰り広げられる。
文=デレック・ヒューベア 写真=ビバリー・ヒューベア

80
火山島アンブリム 灼熱の火口を探検
南太平洋のバヌアツ共和国。標高1280メートルの火山島を訪れた写真家ら9人の探検隊は、険しい山道を登り、溶岩の燃えたぎる火口の縁へ到達。くっきりと口を開けた火口の内部。まるで地獄のような幻想的な世界が一行を待ち受けていた。
文=ドノバン・ウェブスター 写真=カーステン・ピーター
活火山、三宅島の火口は語る
この6月以来、噴火を繰り返す三宅島は驚くほどアンブリム島に似た特徴をもつ火山。火口を観察することで、私たちは過去から現在、そして将来の火山活動の足取りを知ることができる。

98
偉大な写真家ルイ・マーデンの挑戦
「ナショナル ジオグラフィック」誌で64年もの間活躍した写真家兼ライター。英戦艦バウンティ号の発見、史上初の水中カラー写真の撮影、植物のランや甲殻類の新種発見など、好奇心にあふれ縦横無尽の活躍をした男の半生を追う。
文=キャシー・ニューマン 写真構成=サラ・リーン

116 
遥かなるシベリア プトラン台地の動物
人跡もまれなシベリアの奥地に広がるプトラン台地。情け容赦のないこの極寒の地に生きる希少動物ビッグホーンの姿を求めて、探検隊の一行は、月面のような荒涼とした世界に足を踏み入れた。
文=フェン・モンテイン 写真=ランディ・オルソン

134 
変わりゆくネパール王国
古い伝統文化を残す一方、貧困や都市問題に悩むネパール。大国の中国とインドにはさまれ、“失われた楽園”と呼ばれたこの国はいま、過去と未来の間でジレンマを抱えている。
文=T・D・オールマン 写真=マギー・スティーバー

156 
菌類の不思議な世界を見る
素顔をほとんど知られていない自然界の働き手、菌類。ブドウを発酵させる菌、パン生地を膨らませる酵母、食通をうならせるキノコ、浴室のタイルを汚すカビ…。自然界の隅々に進出し、私たちの生活とも密接につながる菌類の生態を見てみよう。
文・写真=ダーリン・A・マロウスキー



コラムI
10
地球新発見
黒人たちの町
19
日本新発見
秩父で世界最古の墓
24
列島探訪
岩手県・久慈市
28
読者フォーラム
地理コンテスト開催
37 日本の百年
近所が総出で
 屋根ふき

コラム
170 
取材現場から
探検で川魚料理
176 
最後の一枚
リビアの女性

表紙 リビアを見守るかのような最高指導者カダフィの肖像画。この国では、街頭の看板から家庭内、公共の建物にと、いたる所にカダフィ大佐の写真が掲げられている。
写真=レイザ






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について