極北の地に君臨する白き支配者、ホッキョクグマ。
何も怖れることはなかった彼らの前に、いま、大きな問題が立ちはだかっている。気候変動による環境の変化だ。
北極圏・北緯79度に位置するスバールバル諸島周辺の海域では、冬が近づいても氷が張らなくなってきている。これはホッキョクグマにとって緊急事態を意味する。彼らは、海氷とともにやって来るアザラシを何カ月間も待っていたのだ。本格的な冬がすぐそこまで来ているのに、食べるものは見つからない。冬を越すことが出来るのだろうか。
変化する環境に戸惑いながら、生き延びようとするホッキョクグマの姿を追う。

チャプターリスト(抜粋)
北の最果て スバールバル/空腹のホッキョクグマ/アザラシの来ない春/鳥の卵で生きのびる/獲物になるアザラシ/寒さに負けない体/地球温暖化の影響/目に見えない殺し屋/予期せぬプレゼント/新たな試練の始まり